3月17・18日研修会:いざという時に役に立つ、心の構え

3月17・18日に「いざという時に役に立つ、心の構え」について研修会を開催します。

1日目は大人と支援者サポートについて、2日目は子どものへのサポートについて、の研修を開催します。

1日だけ・両日参加どちらも可能です。

定員がありますので、ご希望の方は、お早めにお申込みください。

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

前回開催の様子についてはこちらを御覧ください。

 

※ 3月4日追記

1日目、2日目ともに受付を締め切りました

 

この研修会は、継続的に開催予定であり、

次回開催は未定ですが、

受講希望の方は、申し込み開始時に、

優先的にお知らせいたしますので、

下記連絡先まで、ご一報ください

 

宮崎こころの構え研修会 事務局

miyazakikokoronokamae@gmail.com

 

1日目概要:

3月17日(土)10:00 - 17:30

「サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)に基づいたおとなと支援者のサポート」

講師:原田奈穂子

定員:15名

 

説明:

PFAとは特別な治療法のマニュアルではありません。少しの知識があれば誰にでもできる、こころのケガの回復を助けるための基本的な対応法を、効率よく学ぶためのガイドです。それぞれのご専門、お立場、ご経験、あるいは現場のニーズに応じて、必要な部分だけを取り出して学んだり、使ったりすることができます。精神保健の専門家の方はもちろん、災害や事故の現場で働く可能性のある一般の方々にも、学んでいただける内容です。(引用元:兵庫県心のケアセンター http://www.j-hits.org/psychological/ )

また、この研修では支援者のストレスとそのストレスへのサポートについても学びます。

 

この研修では、

1.PFAとは

2.必要な支援、とはどのようなものか

3.PFAの基本原則

4.支援者だからこそ抱えるストレス、およびそのサポート方法

について学ぶことができます。

 

参加型のグループワークやロールプレイ形式で、退屈したり眠くなったりせずに、楽しく学べるように工夫された研修です。

 

2日目概要:

 

3月18日(日) 9:00 - 16:30

「こどものためのPFA」

講師:河嶌譲・原田奈穂子・松尾寿栄・上山寛満・香田将英・三好良英・永澤美樹

定員:20名

 

説明:

世界保健機構(WHO) などが開発した PFA をもとに、セーブ・ザ・チルドレンが 2013 年に作成したプログラムです。災害時などに、ストレスを抱えた子どもの心を傷つけずに、発達段階の特性や年齢にあわせた、誰にでもできる応急手当てのマニュアルです。

 

この研修では、

1.子どものためのPFAとは

2.危機的状況にいる子どもが一般的に示す反応について

3.PFAを必要とする子どもの見極め方とPFAの行動原則

4.ストレスを抱えている子どもとのコミュニケーションの取り方

などについて学ぶことができます。

 

会場・お申込み等について

 

【場所】

宮崎大学医学部 管理棟2階 ミーティングルーム

 

〒889-1601 宮崎県宮崎市清武町木原5200

http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/about/1417/ 

会場までは、土日は附属病院側よりお入りください。

駐車場は外来駐車場にお停めください。

駐車券を会場にお持ちいただければ無料化します。

 

【参加費】

・どちらか1日だけの参加:7,000円

・両日参加:12,000円

 

【主催】

宮崎大学精神看護学分野・精神医学分野 

 

【お問い合わせ】

宮崎こころの構え研修会 事務局

miyazakikokoronokamae@gmail.com

(みやざきこころのかまえ @gmail.com)

 

【お申込み】

1日目、2日目ともに受付を締め切りました

 

【お問い合わせ】

宮崎こころの構え研修会 事務局

miyazakikokoronokamae@gmail.com

 

ダウンロード
2018年3月17日、18日 こころのかまえ 研修会案内
今回の研修会のポスターを作成しました。周りの方への案内にご自由にご活用ください。
18031718kokoronokamae.pdf
PDFファイル 234.5 KB